Menu

五鐵のこだわり

Home

こだわり其の一
創業当時から30年以上に渡って
奥久慈軍鶏(おくくじしゃも)料理をご提供しております

創業当時から30年以上に渡って奥久慈軍鶏(おくくじしゃも)料理をご提供しております


奥久慈軍鶏は、茨城県北部・奥久慈の雄大な自然に抱かれた環境でブロイラーなどの一般的な鶏肉と比べ約3倍もの期間をかけて大事に飼育されていて、日本全国でもトップクラスの地鶏ブランドとして、高い評価を得ています。

肉質は低脂肪で歯ごたえがあり、ブロイラーの水っぽく歯ごたえのない肉とは違い、煮て良し、焼いて良しの極上の鶏肉です。

五鐵では創業当時から30年以上に渡って、看板商品として奥久慈軍鶏をメイン料理に据えてご提供し続けてきた歴史がございます。

こだわり其の二
茨城県内で手に入る最高級食材を
地元産の銘酒とともにお楽しみいただけます

茨城県内で手に入る最高級食材を地元産の銘酒とともにお楽しみけいただけます


五鐵では地元茨城県の食材を使用した、「地産地消」を掲げており、そのなかでも県産最高級の食材を使用した料理作りにこだわっております。

なかでも人気の茨城沖(常磐沖)で捕れるあんこうは国内でも最上級品とされ、皇室への献上物ともなる歴史がございます。
鍋料理や焼き物料理とも相性の良い、地元産の銘酒の数々とともにお楽しみください。

こだわり其の三
水戸商工会議所公認
水戸光圀公が愛した「黄門料理」をご賞味ください

水戸商工会議所公認 水戸光圀公が愛した「黄門料理」をご賞味ください


「黄門様」の名前で知られる徳川光圀公は、医食同源の思想に基づき食事には漢方を取り入れ、一汁三菜を基本として季節の野菜をよく食べていたということです。晩年には、明の亡命学者朱 舜水(しゅ しゅんすい)と交流を持ち白乳酪(チーズのようなもの)や福包み(餃子のようなもの)等を伝えたといわれ、また光圀公がよく好まれていたのは、牛乳酒と言われております。こうした徳川光圀公の様子を記載している「日乗上人日記」等から解読され料理について、調理法の研究を重ね、現代に復元したのが「黄門料理」です。
五鐵では、この黄門料理をコースでお楽しみいただくことができます。